FC2ブログ

おぼえがき

ラクガキとか六角大王とか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ジャギ地獄

ジャギ線を簡単キレイにする方法を考えてましたが、

拍手する

最高画質(きれい表示)、最大ピクセル(4000付近)で書き出しても、
あまり改善されない以上、六角さんの力だけでは、どーしようも無いかもしれません。


六角大王で書き出したビットマップ画像を縮小した時、
ジャギが発生するようになった最大の要因は、その「描線」にあると思います。

書き出した線画を拡大するとよくわかりますが、現行の六角大王の描線は、
ポートピア連続殺人事件とかデゼニランドの時代によく見た「段々線」です。
特に斜線が。

この段々、「きれい」表示で書き出しても、ほとんど滑らかになってくれません。
縮小時、この段々が悪さをしていると思うのです。

もちろん、以前よりも書き出しのスピードは格段に上がりましたし、
処理中の不穏なエラーもほぼ出なくなりました。
トータルで見れば六角5以降、良い事ずくめだと思います。

・・・要するに私の使い方がイレギュラーなんですね。判ってますよ。えぇ。



話を戻しますが、
「ボカシ&画像補正をかけてから縮小」という古典的ルーチンで、
このジャギ線も、そこそこ目立たなくなるような気がします。




3200×2400で出力した画像に上記の方法を試してから縮小すると、こんな感じです。



ほかに、
incscapeとかドロー系のツールで取り込んで変換する方法も考えました。
それもアリだと思いますが、あとあと描線を修正する手間がちょっと増えます。

背景画って何気に枚数が多くなる要素だし、
バッチやアクションで一度に済ませられるような下準備でないと、
とてもじゃありませんがガッツが続きませんよね。

この雑記は「お手軽簡単キレイ」が合言葉です。



とりあえず自作AVGやデジタルノベルに使う背景なら、主線を残す必要はあまり無いので、
下絵の準備は、この簡単な補正方法で押し進めることにします。
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2007/06/11(月) 17:17:36|
  2. 途中経過
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<なんとなく手榴弾 | ホーム | 教室。つづき>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sanpinyakko.blog108.fc2.com/tb.php/3-2c592e4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。